藤原紀香 主演のドラマ『ギネ・産婦人科の女たち』

藤原紀香が主演のドラマ、産婦人科医の過酷な現場を描いた『ギネ・産婦人科の女たち』、見ましたか?


藤原紀香が主演のドラマ『ギネ・産婦人科の女たち』は、過酷な産婦人科の現状を いま描かなければ 手遅れになると思う」をキャッチコピーに掲げたドラマで、藤原紀香が産科医の柊奈智を演じる。

藤原紀香は、オッパイプロジェクトにも参加し(赤ちゃんを母乳で育てるプロジェクトです)自分の子供も母乳で育てたいとも言うほど子供にも関心の深い女優さんです。


今の産科医の現状は、過酷な労働環境に加え、訴訟率が他の科の約3倍というのが現状です。

だから、産科医の成り手がないのです。


藤原紀香が主演のドラマ『ギネ・産婦人科の女たち』の中でも、長時間の連続勤務や月20日の当直といった過酷な労働環境に加え、訴訟率が他の科の約3倍というプレッシャーもかかる産科医の現場で、高リスクを背負ってでも患者を決して見捨てない信条の持ち主の奈智は、極端に言うと「命を救うこと」にしか興味がないという設定されています。


そんな彼女が、産婦人科医たちの仲間とともに奮闘する様子が物語を盛り上げた。


これから赤ちゃんを産もうとしている女性には、藤原紀香が主演のドラマ、産婦人科医の過酷な現場を描いた『ギネ・産婦人科の女たち』を是非見てもらいたいですね。

民主党の議員の皆さんにも見てもらい、元気な子供を産める日本にしてもらいたいですね。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/130969008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。